平成14年度 第27回 リーダーシッププログラム 専門家招聘:テーマ「アジアにおける資源環境ネットワークの形成」【2002/12/02-05】

平成14年度 第27回 リーダーシッププログラム
専門家招聘:テーマ「アジアにおける資源環境ネットワークの形成」


概要


 第27回プログラムでは、「アジアにおける資源循環型ネットワークの形成」をテーマとし、環境・リサイクル分野の専門家4名を招聘し、北九州市において国際シンポジウムを開催された。

日程:2002年12月2日~5日
場所:福岡県、北九州市


被招聘者


4名(詳細は下部を参照)


内容


シンポジウム フライヤー リーダーシッププログラムの下で招聘した専門家は、アジア国際分業シンポジウム「アジアにおける資源循環ネットワークの形成」と題する国際シンポジウムに参加した。
 シンポジウムでは、海外からの参加者が自国の環境、リサイクルの現状について、講演行い、これを受けて日本からの参加者を交えてデスカッションを行った。
 会場には150名を越える一般参加者が集まり、熱心に議論が行われた。
 海外からの参加者は、さらに、北九州市の環境・リサイクル分野の専門家と意見交換を行い、今後のアジア地域における循環型経済システム構築に向けた課題等について討議した。
 また、北九州市内の環境・リサイクル関係施設を視察し、日本の現状に関する知見を広めた。


プログラム

12月3日(火)
国際シンポジウム:「アジア国際分業シンポジウム~アジアにおける資源循環ネットワークの形成~」
基調講演:「環境ビジネスの振興とアジアへの展開」 東京大学国際・産学共同研究センターセンター長山本 良一

パネルディスカッション:
コーディネーター:九州大学大学院工学研究院 環境システム科学研究センター教授 島岡 隆行氏
パネリスト:
・同済大学環境安全工学院教授 趙 由 才(中国)
・湖西大学環境安全工学部教授 姜 聖 求(韓国)
・工業省工場局環境技術部廃棄物処理課長 ジュラポン タウィーシー(タイ)
・保健省エンジニアリング局長 ムクンダン・スグナン・ピレイ(マレーシア)
・荏原製作所総合事業統括事業推進センター技術計画室長 竹内良一
・環境テクノス(株)代表取締役 鶴田 暁

パネルディスカッション

パネルディスカッション


12月4日(水)
北九州エコタウン視察・意見交換会、北九州学術研究都市視察・意見交換

北九州エコタウン視察

北九州エコタウン視察


被招聘者


-Dr. Zhao Youcai(趙 由 才) (CHINA)
(同済大学 環境科学工学院 教授)

-Dr. Seong-Gu Kang(姜 聖 求) (KOREA)
(湖西大学校 環境安全工学部 助教授)

-Dr. Mukundan Sugunan Pillay(ムクンダン・スグナン・ピレイ) (MALAYSIA)
(マレーシア保健省 エンジニアリングサービス局長)

-Dr. Jullapong Thaveesri(ジュラポン・タウィーシ-) (THAILAND)
(タイ工業省 工場局 環境技術部 廃棄物処理課長)


担当:国際交流部