平成15年度 第29回 リーダーシッププログラム 専門家招聘:テーマ「地域経済再生と産業クラスター」【2003/11/28】

平成15年度 第29回 リーダーシッププログラム
専門家招聘:テーマ「地域経済再生と産業クラスター」


概要


 第29回プログラムでは、「地域経済再生と産業クラスター」をサブテーマーとして、産業クラスター分野の専門家4名を招聘し、国際シンポジウムおよびワークショップを開催した。

日程:
2003年11月28日:ワークショップ 15:30~18:00
2003年12月2日:シンポジウム
主催:財団法人貿易研修センター、みやざき産業クラスター推進協議会
場所:東京、宮崎


被招聘者


4名(詳細は下部を参照)


内容


ワークっショップのフライヤー 11月28日に東京において開催された専門家ワークショップ「地域経済再生と産業クラスター~海外に学ぶ地域レベルの産業クラスターの創出」に講師として参加した。約100名の一般参加者を前に、地域における産業クラスター形成の意義、成功要因、効果的な推進方策について、我が国専門家と意見交換した。
 さらに、12月2日に宮崎において開催された国際シンポジウムでは、約300名の一般参加者を前に、欧米の産業クラスター先進地域の成功例を講演、ディスカッションを行い、質問に応じた。

プログラム

11月28日(金)(東京)
専門家ワークショップ:「地域経済再生と産業クラスターフォーラム~海外に学ぶ地域レベルの産業クラスターの創出~」

コーディネーター:児玉俊洋(独)経済産業研究所上席研究員

海外専門家:ピーター・ボイド(カナダ)、シグルン・カスパリ博士(ドイツ)、ロバート・マドセン博士(米国)

国内専門家:古川勇二 東京農工大学工学部教授、原山優子 東北大学大学院工学研究科教授、岡崎英人(社)首都圏産業活性化協会事務局長、柴田義文 三遠南信バイタライゼーション協議会会長

ワークショップ風景

11月29日(土)(東京)
さやまインキュベーションセンター21視察・意見交換
さやまインキュベーションセンター21視察

12月2日(火)(宮崎)
国際シンポジウム:テーマは上記ワークショップに同じ
基調講演
「テクノロジークラスター:グルノーブル100年の伝統」
ジャンクロード・サボナディエール教授

「クラスター戦略:新しい地域産業政策」
山崎 朗九州大学大学院経済学研究院教授
山崎 朗九州大学大学院経済学研究院教授
パネルデスカション:山崎 朗九州大学大学院経済学研究院教授、児玉 俊洋 (独)経済産業研究所上席研究員、黒澤 宏  宮崎大学地域共同研究センター長、ピーター・ボイド氏、ロバートマドセン博士、ジャンクロード・サボナディエール教授

パネルディスカッション風景

12月3日(水)
宮崎県工業技術センター視察
富士通日立プラズマディスプレイ株式会社視察
宮崎県工業技術センター

被招聘者


-Mr. Peter Boyd(ピーター・ボイド)(CANADA)
(カナダ産業省 政策局 マーケット・イノベーション部 部長)

-Prof. Jean-Claude Sabonnadiere(ジャンクロード・サボナディエール)(FRANCE)
(フランス・インキュベーション 会長)

-Dr. Sigrun Caspary(ジグルン・カスパリ)(GERMANY)
(ヴィッテン・ヘアデッケ大学 準教授)

-Dr. Robert Madsen(ロバート・マドセン)(U.S.A.)
(スタンフォード大学 アジア・パシフィックリサーチセンター フェロー)

関連記事


地域資源・特性を生かした宮崎県の産業クラスター


担当:国際交流部