平成18年度(関東地域):モンゴル・チャチャルガン講演会・商談会【2006/11/05】

平成18年度(関東地域):モンゴル・チャチャルガン講演会・商談会


概要


 緑化目的の植林ボランティアの一環として調査・研究を進める中で、チャチャルガンがモンゴル及び茨城県において産業、環境、医療分野で産業創出ができると判断し、本格的に事業化を目指してきた。平成18年はモンゴル建国800年の記念の年でもあることから、古くから交流が熱心な茨城県日立市で、モンゴル及びチャチャルガンに造詣の深い専門家及びチャチャルガン産地であるオブス県知事、加工業者等を招聘し、講演会と商談会を開催し、具体的なビジネス関係の構築を狙いとした。


日程:2006年11月5日(日)
主催:チャチャルガン協議会、茨城県、日立市、日立商工会議所、財団法人貿易研修センター、関東経済産業局
後援:財団法人グリーンふるさと振興機構、茨城新聞社、日刊工業新聞社
場所:茨城県日立市

参加者


・団長:Lkhagva TOGOO(ラガヴァ トゴー)
 ウブス県知事
・副団長:Javzan BATKHUU(ジャブザン バトフー)
 モンゴル国立大学教授
・団員:Sanj DEMBEREL(サンジ デンベレル)
 モンゴル日本関係促進協会事務局長、クレジット銀行頭取
・団員:Tsogjoo BATSUURI(ツォグジョー バトスーリ)
 ウブス日本親善協会会長
・団員:Norov NARANTSETSEG(ノロブ ナランツェツェグ)
 Chamon社副社長


主な訪問先


・丸山物産(株)砕石工場
・きららの里モンゴル村予定地
・(有)日立花卉農園
・(株)えひめ飲料茨城工場
・タカノフーズ(株)本社・研究所
・茨城県 角田副知事表敬訪問
・明利酒類(株)本社・工場
・茨城県工業技術センター
・食総研
・アサヒビール(株)茨城工場
・モンゴル大使館表敬訪問
・JETRO
・財団法人貿易研修センター
・東和化学(株)本社


内容


商談会(10:00~11:30)シビックセンター2階 ホワイエ
チャチャルガン加工品やモンゴル国商品の紹介のほか商談会を行った。

講演会(13:30~17:30) シビックセンター多目的ホール
●主催者挨拶 日立市長 樫村 千秋
関東経済産業局総務企画部長 前野 陽一
●第1部 (13:30~15:00)
-「チャチャルガン植栽事業推進状況報告」
チャチャルガン協議会日立支部長 瀧 文臣
-「モンゴル国オブス県の特産品について」
オブス県知事 L.Togoo
特別講演
-「チャチャルガンなど健康長寿を支える食品開発」
独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究機構
食品総合研究所 食品機能部 部長 農学博士 津志田 藤二郎
●第2部 (15:20~16:20)
特別講演 「モンゴル国発展の歩みと日本・モンゴル関係」
亜細亜大学元学長、国際関係学部教授 鯉渕 信一
●第3部 (16:20~17:30)
招待アトラクション “馬頭琴とホーミー演奏会”
演奏者 モンゴル国 Batsukh Tuvsginjargal
●閉会のご挨拶
茨城県商工労働部長 武藤 賢治

 講演会には100名近く集まり、モンゴル国とチャチャルガンへの関心の高さがうかがえた。早速商品への問い合わせもあり、また、商品開発への取組みに関心を有する地元企業も出てくるなど、ビジネスの具体化が期待される。
 又、茨城新聞等でチャチャルガン果実を通し日蒙交流もなされたことが報道された。


チャチャルガンの実

チャチャルガンの実

モンゴルでのチャチャルガン商品

モンゴルでのチャチャルガン商品


津志田農学博士の講演

津志田農学博士の講演

モンゴル訪日団メンバー

モンゴル訪日団メンバー




担当:国際交流部