韓国:朴仁淑 氏、大田忠南地方中小企業庁庁長 招聘 【2007/11/27】

韓国:朴仁淑 氏
大田忠南地方中小企業庁庁長 招聘


概要


 九州経済産業局は九州経済連合会と連携し、2001年より「環黄海経済・技術交流会議」を開催し、環黄海地域(韓国・中国・日本の「黄海」に面した地域)の一層の経済発展への枠組み整備を進めている。今回は7回目の環黄海経済・技術交流会議となるが、その一環として「環黄海ビジネスフォーラム」を開催し、アジアの人材資源について交流、育成、活用することにより、イノベーションの向上や知のネットワーク形成を目指す。
 同フォーラム開催に伴い、(財)貿易研修センターは、韓国より大田忠南地方中小企業庁 朴仁淑(Park, In Sook)庁長を招聘。朴庁長は、韓国における産学官連携の取り組みについて講演し、また大田忠南地方との交流に貢献してきた九州の企業代表者に感謝状を渡した。(壇上にて。下記 内容(5)」参照。)

日時:2007年11月27日
場所:ホテル日航熊本(熊本県熊本市) 阿蘇の間A
主催:(財)貿易研修センター、(社)九州経済連合会、環黄海経済・技術交流推進協議会、九州経済国際化推進機構


被招聘者


朴仁淑 氏
大田忠南地方中小企業庁庁長


内容


(1) 主催者挨拶
(社)九州経済連合会 会長 鎌田迪貞

(2) 講演「各国の産学官連携の取り組みについて」
○九州における産学官連携の取り組みについて
九州経済産業局 地域経済部長 笹岡 賢二郎
○韓国における産学官連携の取り組みについて
大田忠南地方中小企業庁 庁長 朴仁淑(Park, In Sook)
○中国における産学官連携の取り組みについて
中国科学技術促進発展研究中心 副研究員 陳宝明(Chen Baoming)

(3) 事例発表
○九州
(1)北九州市「東アジア経済交流推進機構」
(2)九州電力「中国・五環集団公司との省エネ技術協力協定」
(3)麻生塾「アジア人財資金」

○韓国
(1)RMS Technology 代表理事 李弘基(Lee, HonG Ki)
(2)Daeduck Lab.Co 理事 全賢杓(Jun Hyun Pyo)
(3)(株)Genicom 理事 孫正煥(Jeong-Hwan Son)

○中国
(1)軟件園発展中心 部長 孟晨彦(Meng Chen yan)
(2)天津市商務委員会 副主任 李勝利(Li Shengli)
(3)蘇州工業園区管委会科技発展局 局長助理 張希軍(Zhang Xi jun)

(4) 総括

(5) 韓国中小企業庁からの感謝状授与/MOU(覚書)締結
大田忠南地域との人材交流に貢献、今後のビジネス交流全般への協力(MOU)
・第一施設工業㈱ 社長 篠原 統 (感謝状、MOU)
・北九州国際IT Business 推進会 会長 庄司裕一(感謝状、MOU)
・豊洋精工(株) 社長 清原昌巳 (感謝状)
・大分県産業創造機構 理事長 廣瀬勝貞(MOU)

 経済・技術交流の促進へ向け、「技術と人」をテーマに現状と課題についての認識の共有を図ることができた。環黄海地域の産学官の連携により、同地域間の相互協力体制が一層強化され、企業の技術開発力の発展につながることが期待される。


「第7回環黄海経済・技術交流会議」全体の案内板

「第7回環黄海経済・技術交流会議」全体の案内板

総合受付。言語ごとにファイルの色分けがされている。 (日本語:赤、韓国語:青、中国語:黄)

総合受付。言語ごとにファイルの色分けがされている。 (日本語:赤、韓国語:青、中国語:黄)


フォーラム会場の模様

フォーラム会場の模様

大田忠南地方中小企業庁 庁長  朴仁淑(Park, In Sook)氏

大田忠南地方中小企業庁 庁長 朴仁淑(Park, In Sook)氏




担当:国際交流部