平成22年度(近畿地域):航空機ビジネスミッション in US【2010/03/01-06】

平成22年度(近畿地域):航空機ビジネスミッション in US


概要


航空機産業への新規参入・本格参入を目指す中小企業等を支援するため、2010年3月1日~6日の日程で、米国シアトルにミッションを派遣し、ボーイング社を含む米国大手航空機関連メーカーとのビジネス交流の機会を提供した。


日程:2010年3月1日(月)~6日(土)
主催:近畿経済産業局、ジェトロ大阪本部、(財)貿易研修センター
場所:アメリカ合衆国 ワシントン州 シアトル


内容


 経済産業省 近畿経済産業局では、関西国際航空機市場参入等支援事業(協働プログラム)に沿って、中小企業等の市場参入支援、関西の航空機分野におけるサプライチェーン強化等を目指した事業を展開していることから、本ミッションを貿易研修センターが近畿経済産業局およびジェトロ大阪本部と共催することとなった。
 本事業は、航空機産業への新規参入・本格参入を目指す中小企業等を支援するため、協働プログラムの一環として、中小企業等とボーイング社を含む米国大手航空機関連メーカーとの交流の機会を提供することを目的に実施した。


(1) 現地ブリーフィング
 米国航空機産業へのアプローチ戦略についてレクチャー受講。
 米国の航空機ビジネス及び訪問予定企業に関するレクチャー受講。
(2) 周辺サプライヤー訪問
 工場見学、参加企業のプレゼン、意見交換を実施。
(3) ボーイング社訪問
 ボーイング社による事業説明、意見交換、工場視察、787ギャラリー視察
(4) ビジネス交流会
 ボーイング社および現地駐在員を交え、ビジネス交流会を実施。


参加企業アンケート結果から、以下のコメントを得ている。

・ボーイング社及び周辺サプライヤーへの訪問を通じて、米国の民間航空機製造ビジネス等への理解を深めることができた。特に、米国における様々な分野のサプライヤーの事業戦略、設備投資、サプライチェーンなどについて理解することができ、参加企業が自社の戦略を検討する上での有益な情報を入手することができた。

・訪問先企業でのプレゼンテーション、意見交換を通じて、参加企業が、次のステップにつながる情報を入手することができ、将来のビジネスチャンスの可能性を見いだすことができた。

・参加企業同士の交流促進、現地で交流した駐在員とのネットワーク形成につながることが期待される。

周辺サプライヤーとの意見交換

周辺サプライヤーとの意見交換


ボーイング社との意見交換

ボーイング社との意見交換


ボーイング社エバレット工場-01

ボーイング社エバレット工場-01

ボーイング社エバレット工場-02

ボーイング社エバレット工場-02



関連記事


航空機ビジネスミッション in US ミッションから見えた中小企業の課題と今後



担当:国際交流部