平成23年度 アジア研究会公開シンポジウム 「中国の東アジア経済協力と日本」【2012/02/09】

平成23年度 アジア研究会公開シンポジウム
「中国の東アジア経済協力と日本」


主催:一般財団法人 貿易研修センター(IIST)
日時:平成24年2月9日(木) 、場所:東海大学校友会館「望星の間」

開会挨拶
 塚本 弘 (一般財団法人 貿易研修センター 理事長)

基調講演
「中国の台頭と東アジア」
 白石 隆 (政策研究大学院大学 学長)

プレゼンテーション

モデレーター:原 洋之介 (政策研究大学院大学 特別教授/アジア研究会 座長)

(1)「中国の指導部交代と日中関係」
 清水 美和 (東京新聞・中日新聞 論説主幹)

(2)「インドネシアからみた中国の経済的プレゼンス」
 佐藤 百合 (アジア経済研究所 地域研究センター 次長)

(3)「中緬関係の新展開 ― 中国は「胞波」か ―」
 工藤 年博 (アジア経済研究所 地域研究センター東南アジアⅡ研究グループ長)

詳細PDF (PDF: 1MB)



※ユーザ名、パスワードを入力しても、PDFが表示されない場合はリンク部分を右クリックして「対象をファイルに保存」を選択頂き、ダウンロードしてご覧いただくか。またはこちらの内容でAdobeReaderの設定変更をお願いいたします。

(敬称略 / 講師肩書は講演当時 / 文責:貿易研修センター)

IISTサポーターズ(無料)にご登録いただきますと、講演会、シンポジウム開催のご案内、2010年度以前の各会及びシンポジウムページ下部に掲載されている詳細PDFとエッセイアジアをご覧いただける、パスワードをお送りいたします。


関連記事
『日本外交の課題とアジア』、『独立20年を迎えた中央アジアの政治・経済情勢と課題』、『中国の東アジア経済協力と日本』
~平成23年度IIST各研究会 公開シンポジウム報告~



担当:総務・企画調査広報部