平成25年度 第41回 リーダーシッププログラム 【2013/04/15-19】

平成25年度 第41回 リーダーシッププログラム


概要


 海外のオピニオンリーダーを対象に、震災後の東北地域の産業復興に対する理解を深めてもらうため、第41回 リーダーシッププログラムを開催。経済産業省東北経済産業局の協力を得て、宮城県内の企業訪問等を実施し、被災企業の経営再建への歩みや新たな産業基盤の創生に向けた取り組みについて紹介した。

日程:2013年4月15日~19日


被招聘者


海外のオピニオンリーダー8名(詳細は下部を参照)


主な訪問先等


宮城県庁、岩機ダイカスト工業(株)、東北電力(株) 仙台太陽光発電所、(株)舞台ファーム、(株)白謙蒲鉾店、日本製紙(株)石巻工場、石巻専修大学、トヨタ自動車東日本(株)本社・宮城大衡工場


内容


 本プログラムでは、自動車、再生エネルギー、次世代農業の分野で、地域を牽引していくリーディング企業を訪問し、参加者は、地域経済産業の復興と再生を図る東北地域の取り組みを実地に学んだ。また、震災による被害を乗り越えた被災企業を訪問し、操業再開の過程や、職員の被災体験について話を聞くことにより、震災の教訓を直接共有することができた。


(株)白謙蒲鉾店

(株)白謙蒲鉾店

トヨタ自動車東日本本社・宮城大衡工場

トヨタ自動車東日本本社・宮城大衡工場


被招聘者


(アルファベット順)

1. Ms. Frances BEVAN(フランシス・ベヴァン)(Australia)
(オーストラリア・外務貿易省 日本課 事務官)

2. Mr. José Rigoberto GARCIA G.(ホセ・リゴベルト・ガルシア・ゴンサレス)(Chile)
(チリ・公共事業省 国際関係調整役)

3. Ms. Katerina DUROVE(カテジナ・デュロヴェ)(Czech Republic)
(チェコ・産業貿易省 通商政策局 アフリカ・アジア・オーストラリア部 専門官(北西アジア諸国担当))

4. Dr. François MOISAN(フランソワ・モワザン)(France)
(フランス・ADEME(環境・エネルギー管理庁) 研究・国際部門担当エグゼクティブ・ディレクター)

5. Ms. Tekla DÖMÖTÖR(テクラ・ドゥムトゥール)(Hungary)
(ハンガリー・国家経済省 アジア局 二国間経済関係担当官)

6. Ms. Yasmin MASOOD(ヤスミン・マスード)(Pakistan)
(パキスタン産業省 局長(投資促進担当))

7. Ms. Clara BARATA(クララ・バラータ)(Portugal)
(ポルトガル・日刊紙「プブリコ」 国際担当記者)

8. Dr. Patrick ZILTENER(パトリック・ツィルトナー)(Switzerland)
(スイス・チューリッヒ大学 シニア・リサーチャー/レクチャラー(社会学/経済学))



関連記事
IIST e-Magazine No.0221-0899 日本の経済的・社会的レジリエンス(回復力)と将来のグローバルな課題—第41回リーダーシッププログラム(2013年4月) からの考察とまとめ


担当:国際交流部