平成25年度(東北地域):日本酒の海外展開に向けた専門家招聘事業【2013/11/12-14】

平成25年度(東北地域):日本酒の海外展開に向けた専門家招聘事業


概要


 東北地域(福島県)の日本酒の海外展開を支援するため、専門家を蔵元に案内して製造環境等への理解を深め、東北産日本酒の魅力発信に役立ててもらう。専門家は輸出に際しての留意点等についてアドバイスし、蔵元側の戦略策定を助ける。酒造メーカーおよび一般向けに「海外の日本酒市場」をテーマとしたセミナーを開催し、海外市場への理解を促進、輸出拡大への機運を醸成する。


日程:2013年11月12日~14日
主催:東北経済産業局、一般財団法人貿易研修センター


被招聘者


宮川 圭一郎氏 (フランス在住のソムリエ・日本酒輸入業者)
ジョン・ゴントナー氏 (日本在住の米国向け日本酒輸出業者・「日本酒伝道師」)

主な訪問先


人気酒造(株)、ほまれ酒造(株)、末廣酒造(株)、宮泉銘醸(株)

内容


 各蔵元の社長の案内で製造工程を見学し、利き酒と意見交換をおこなう。両専門家とも、輸出用には品質の高い酒または特徴のある酒を選ぶべきとの意見。また、酒だけではなく料理との組合せ(マリアージュ)の提案、蔵元の歴史の紹介など、売り込みにストーリー性を持たせることを勧めた。セミナーでは、世界的に日本食の人気が高まっており、日本酒を売り込む良い機会となっているが、実際に商談を成功させるためには、製造側の事情説明ではなく、現地で売る人の立場にたった情報の提供が必要だと指摘された。


末廣酒造での利き酒

末廣酒造での利き酒

セミナー終了後の懇談

セミナー終了後の懇談




担当:国際交流部