APEC海外投資成功のための戦略的人材マネジメントプロジェクト ワークショップ(台北) 【2015/01/27-29】

APEC海外投資成功のための戦略的人材マネジメントプロジェクト ワークショップ(台北)


概要


 APEC域内の企業が海外直接投資(FDI)を通じて持続的な成長を図るには、現地法人において有効な人材管理を導入し、優秀なローカル人材を育成・確保することが必要不可欠である。海外展開企業及び受入先のパートナー企業が、現地法人のパフォーマンスを向上させるために必要な人材管理に関する成功要因を抽出・分析するため、ワークショップを開催した。

主なスケジュール


2015年1月27日
APEC専門家によるワークショップの準備会合

28日
APECワークショップ:「海外投資成功のための戦略的人材マネジメント」

29日
APEC専門家によるラップアップ会合、他

参加者


 ワークショップ参加者:台北の中小企業及び在台北外資系企業の管理職、人材コンサルタント、公的機関の人材育成担当者、等 21名

 リソース・スピーカー:APEC域内の人材育成専門家8名(豪州(2)、インドネシア、日本(2)、フィリピン、チャイニーズ台北、ヴェトナム)及びAPEC代表者3名(インドネシア、フィリピン、タイ)


内容


 本プロジェクトは、APEC域内の海外直接投資(FDI)に関わる経営者・管理職を対象に、FDIを通じて企業の成長・拡大を図るため、優秀な現地人材を育成・活用するための人材管理について学ぶことを目的に、平成26年に提案された。APECの代表エコノミーより推薦された人材育成分野の専門家によって、企業の現地法人における人材管理制度に関する様々な課題について、APECの6地域から、10ケースが開発された。このケース開発の成果を発表し、現地法人における人材管理ガイドラインを構築するために、現地企業関係者等を招いたワークショップを、現地共催団体であるWorkforce Development Agency (WDA)及びFoundation for Women's Rights Promotion and Development (FWRPD)の協力のもと、1月にチャイニーズ台北・台北市で実施した。

 ワークショップでは、専門家及びAPECの代表者が、それぞれ大企業と中小企業の例に分かれて、海外現地法人における人材管理の成功例や課題について、事例発表を行った。発表をもとに、海外投資成功のための人材管理に関する成功要因について、参加者を交えて議論を行った。参加者からは、現地の文化や環境に対する理解、付加価値のある職業訓練や報酬体系の提供、人材発掘・育成に対する現地政府機関との協力など、成功要因に関する様々な意見が提案された。また、人材管理ガイドラインに含める項目について、FDIに携わる企業が必要としている情報は何か、議論を行った。今後、プロジェクトの成果を広く関係者に普及させるため、ワークショップでの議論をもとにケースとガイドラインを最終化し、報告書として出版・配布する。


ワークショップの様子

ワークショップの様子

台北のワークショップ参加者との記念撮影

台北のワークショップ参加者との記念撮影




関連記事
IIST e-Magazine No.0241-0968 APECの経済統合を支える人材育成の取組
-「海外投資成功のための戦略的人材マネジメント」プロジェクト実施報告



担当:人材育成部