平成26年度 アジア研究会公開シンポジウム 「変貌するアジア ~アセアン統合、指導者交代を踏まえつつ~」【2015/02/10】

平成26年度 アジア研究会公開シンポジウム
「変貌するアジア ~アセアン統合、指導者交代を踏まえつつ~」


主催:一般財団法人 貿易研修センター(IIST)
日時:平成27年2月10日(火) 、場所:東海大学校友会館「阿蘇の間」

開会
 西郷 尚史 (一般財団法人 貿易研修センター 専務理事)

研究会 座長挨拶
 原 洋之介 (政策研究大学院大学 アカデミック・フェロー/IISTアジア研究会 座長)

提言
(1)「新政権下のインドネシアと日本はどうつき合うか」
 佐藤 百合 (アジア経済研究所 地域研究センター 上席主任調査研究員)

(2)「緊密化するアジア域内における日中両国の責務」
 瀬口 清之 (キヤノングローバル戦略研究所 研究主幹)

(3)「ASEAN経済共同体に向けた企業の地域統括本部拠点化の動向について」
 平賀 富一 (ニッセイ基礎研究所 主席研究員 アジア部長)

(4)「東南アジアの金融システムの新動向への日本の関与のあり方」
 三重野 文晴 (京都大学 東南アジア研究所 准教授)

(5)「ASEAN経済共同体の到達点と今後の展望」
 )梅﨑 創(アジア経済研究所 新領域研究センター 経済統合研究グループ長)

詳細PDF (PDF: 772KB)


PDFが表示されない場合はリンク部分を右クリックして「対象をファイルに保存」を選択頂き、ダウンロードしてご覧いただくか。またはこちらの内容でAdobeReaderの設定変更をお願いいたします。

(敬称略 / 講師肩書は講演当時 / 文責:貿易研修センター)

IISTサポーターズ(無料)にご登録いただきますと、講演会、シンポジウム開催のご案内、2010年度以前の各会及びシンポジウムページ下部に掲載されている詳細PDFとエッセイアジアをご覧いただける、パスワードをお送りいたします。

この事業は、競輪の補助金を受けて実施したものです。


担当:総務・企画調査広報部