平成28年度(近畿地域):ベトナム社会主義国におけるOJTを通じた環境保全に関する現場人材の育成【2016/10/23-30】

平成28年度(近畿地域):ベトナム社会主義国におけるOJTを通じた環境保全に関する現場人材の育成


概要


  貿易研修センターは、近畿経済産業局、関西・アジア 環境・省エネビジネス交流推進フォーラム(Team E-Kansai)、公益財団法人地球環境センター(GEC)と連携のもと、ベトナムにおける環境・省エネ分野における人材育成を支援する目的で、ベトナムビール・アルコール・飲料協会(VBA)の協力のもと、現地の飲料等製造工場において、現地の生産管理担当者等を対象にOJTを中心とした研修を実施した。
 OJT研修の実施により、担当者の環境・省エネ技術に対する理解が深まり、水処理装置をはじめ現場で使用している機器、技術や安全性に対する配慮等についての理解が進み、生産性向上にも寄与できる現場人材の育成が期待される。
 なお、本事業の成果は、2017年2月に大阪で開催された平成28年度 アジア有望指導者招聘事業「ベトナムにおける環境保全改善に向けた招聘事業」のセミナーで報告された。


日程:2016年10月23日~30日


派遣専門家


1. キリン株式会社 CSV本部 CSV推進部主査 是安 亘氏
2. 関西・アジア 環境・省エネビジネス交流推進フォーラム(Team E-Kansai)外部コーディネーター
西崎 柱造氏

主な活動内容・訪問先


<場所>
VBA指定工場(ハノイ北西部のメーリン地区)

<研修指導対象者>
VBA傘下工場の現場技術者・担当者(26名)

<主な研修項目>
i) 排水処理施設の維持・運転管理、水質分析、データ管理方法など
ii) 廃棄物、省エネルギー対策
iii) 排水処理施設を含む工場設備全体の工程改善、環境保全に対する意識の向上
iv) 排水処理施設の補修計画および将来の改修計画立案(政府・自治体の計画と整合性のとれたもの)



関連記事
ベトナムでの環境ビジネス展開を探る
~OJTを通じた人材の育成~



担当:国際交流部