平成28年度 アジア有望指導者招聘事業 「ベトナムにおける環境保全改善に向けた招聘事業」【2017/2/20-26】

平成28年度 アジア有望指導者招聘事業
「ベトナムにおける環境保全改善に向けた招聘事業」


概要


 アジア有数のビール消費国であるベトナムでは、目覚ましい経済発展を背景にビール消費量が急増している。ビール業界も設備の拡張・更新と増産を図っており、企業イメージが販売に直結することから、CSRにも関心が高まり、環境対策、省エネ対策、廃棄物処理に取り組んでおり、日本の技術にも大きな関心が示し、特に興味の高い分野として、UASB嫌気処理技術、排水処理技術、水の再利用技術等が挙げられている。
 そこで、貿易研修センターでは、近畿経済産業局、関西・アジア 環境・省エネビジネス交流推進フォーラム(Team E-Kansai)、公益財団法人地球環境センター(GEC)と連携のもと、ベトナム・ビール・アルコール・飲料(VBA)協会の会長、ハノイ・アルコール・ビール・飲料総公社(HABECO)およびサイゴン・アルコール・ビール・飲料総公社(SABECO)の技術専門家を日本に招聘し、ベトナムのビール・アルコール飲料業界の最新動向と、同業界の環境・省エネ関係の製品・技術ニーズを紹介する目的で、セミナーを開催した。
 なお、講師は、2016年10月にベトナムで実施した「ベトナム社会主義国におけるOJTを通じた環境保全に関する現場人材の育成」事業を通じて関係構築した現地団体から招聘した。

日程


2017年2月20日~26日


被招聘者


1. Mr. Nguyen Van Viet
VBA(ベトナム・ビール・アルコール・飲料協会)会長

2. Mr. Pham Anh Tuan
HABECO(ハノイ・アルコール・ビール・飲料総公社)研究所所長

3. Mr. Nguyen Van Huong
SABECO(サイゴン・アルコール・ビール・飲料総公社)技術部専門家

主な活動内容・訪問先


• セミナーの開催
• 近畿および関東の環境・省エネに関連企業との面談。滋賀県のビール工場視察等

セミナー概要


日時:2017年2月21日(火)14:00~16:30
場所:ハービスプラザ(大阪市北区梅田)
主催:近畿経済産業局、一般財団法人貿易研修センター協力:、関西・アジア 環境・省エネビジネス交流推進フォーラム(Team E-Kansai)公益財団法人地球環境センター(GEC)
参加者:46名

<講師>
1. グエン・ヴァン・ヴェト氏、 VBA(ベトナム・ビール・アルコール・飲料協会)会長(基調講演)
「ベトナムにおけるビール・アルコール・飲料業界の現状と今後の展望について」

2. ファン・アィン・トァン氏 HABECO(ハノイ・アルコール・ビール・飲料総公社)研究所所長
「HABECOにおけるビール・アルコール飲料業の環境/省エネに係る技術課題について」

3. グェン・ヴァン・フォン氏 SABECO(サイゴン・アルコール・ビール・飲料総公社)技術部専門家
「SABECOにおけるビール・アルコール飲料業の環境・省エネに係る技術課題について」
4. Team E-Kansai 技術コーディネーター 西崎 柱造氏
「VBA研修事業の報告1」

5. キリン株式会社 CSV本部 CSV推進部主査 是安 亘氏
「VBA研修事業の報告2」


担当:国際交流部