平成13年度 第25回 リーダーシッププログラム 専門家招聘:テーマ「新グローバル時代の革新的起業」【2002/03/03-06】

平成13年度 第25回 リーダーシッププログラム
専門家招聘:テーマ「新グローバル時代の革新的起業」


概要


 第25回プログラムは、「新グローバル時代の革新的起業」をサブテーマとして、参加者としてベンチャー起業家、革新的な企業経営者、人材育成プログラムの専門家6名を招聘し、国際シンポジウムおよびワークショップを開催した。

日時:2002年3月3日 - 6日


被招聘者


6名(詳細は下部を参照)


内容



 参加者は、「新グローバル時代の革新的起業―アジア太平洋地域における人材育成と企業戦略―」と題した国際シンポジウムにスピーカーとして参加した。  約150名の一般聴衆に対して、自国あるいは自社の起業に関する革新的なケースを披露するとともに質疑を行った。  また、2日目に開催されたワークショップにおいては、関西の起業家及び起業を支援する機関の代表者を招いて意見交換を行った。  さらに、日本理解の一環として、大阪商工会議所、関西経済連合会、及び近畿経済産業局等から関係者を招いての意見交換会と企業見学を行った。  各国の違った起業環境を相互に学ぶことに加え、このような機会を通じて、参加者が我が国のベンチャー起業育成の現状に対する認識を深めることができたのは、我が国の関係者に多大な示唆を与えた。


プログラム

3月4日(月)(東京)
国際シンポジウム:「新グローバル時代の革新的起業-アジア太平洋地域における人材育成と企業戦略-」
基調講演:「日本の技術と企業の革新―ITを原動力とするパラダイム・シフトと人材育成への影響」
石井 威望 東京大学名誉教授

スピーカー:
・キム・ド・ジン社長(韓国)
・ユ・チェン ツァイ博士(台湾)
・ヤオ・ナイ・メング部長(シンガポール)
・水野 満 日本大学大学院グローバル・ビジネス研究科教授
・エデュアルド・モラト二世学長(フィリピン)
・稲葉 守満 日本大学法学部教授・大学院グローバルビジネス研究科教授
・チャールズ A. バレット副社長(カナダ)
・ナイジェル A.F. ハワース教授(ニュージーランド)

国際シンポジウム、パネルディスカッション

国際シンポジウム、パネルディスカッション


3月5日(火)(東京、大阪)
ワークショップ(東京)
関西経済人との意見交換会

関西経済人との意見交換会


3月6日(水)(京都)
京都機械工具(株)見学

京都機械工具(株)見学


被招聘者


-Dr. Charles A. Barrett(チャールズ A バレット) (Canada)
(コンファレンス・ボード・オブ・カナダ 副社長)

-Mr. Kim Do Jin(キム・ド・ジン) (Korea)
(スルーネット・ショッピング社 代表取締役社長)

-Dr. Nigel Anthony Fell Haworth(ナイジェル・アンソニー・フェル・ファワース) (New Zealand)
(オークランド大学 教授)

-Prof. Eduardo A. Morato, Jr.(エデュアルド A モラト二世) (Philippines)
(アジア経営大学院 学長)

Mr. Yeo Nai Meng(ヤオ・ナイ・メング) (Singapore)
(ディープ・ビデオ・イメージング社総支配人、プランーB・テクノロジーズ社 部長)
-Dr. Yu-Chen Tsai(ユ・チェン・ツァイ) (Chinese Taipei)
(経済省中小企業庁 課長)



担当:国際交流部