平成14年度 第26回 リーダーシッププログラム 【2002/09/09-14】

平成14年度 第26回 リーダーシッププログラム


概要


第26回プログラムは、2002年9月9日~14日までのスケジュールで、13名の参加者を得て実施された。

日程:2002年9月9日(月)~9月14日(土)


被招聘者


13名(詳細は下部を参照)


主な訪問先等


・プレゼンテーション:『日本総論:当面する内外の諸課』
 (財)世界経済情報サービス(ワイス)理事長 黒田 眞

プレゼンテーション

・プレゼンテーション:『日本経済の課題と展望』
 内閣府大臣官房審議官 加藤 裕己
・プレゼンテーション:『日本市場と外国企業』
 日本ケイデンス・デザイン・システムズ社社長 グレン・S・フクシマ
・プレゼンテーション:『日本政治の展開.歴史と現状.』
 学習院大学法学部教授 野中 尚人
・プレゼンテーション:『国際社会と日本』
 東京大学法学部教授社会科学研究所教授 藤原 帰一
・経済産業省
・プレゼンテーション:『対外経済政策の課題と展望』
 経済産業審議官 佐野 忠克

対外経済政策の課題と展望

・ソニー(株)メディアワールド
・グループディスカッション:『我が国のビジネス環境(文化・社会)』
 モデレーター:産能大学教授 小林 薫
 パネリスト:
 フリードリヒ・エーベルト財団東京事務所長
 ゲプハルト・ヒールシャー氏共立女子大学客員教授
 フランソワーズ・モレシャン・ナガタキ

パネリスト

・大阪府鈴木重信副知事表敬訪問
・三洋電機(株)大東工場
・渡文(株)


プレゼンテーション 参加者

被招聘者


1. Dr. Peter Hector Pearse (CANADA)
(ピアーズ・ヴェンチャーズ社社長)

2. Dr. Marco Antonio Nunez (CHILE)
(バルパライソ州政府長官)

3. Mr. Li Bin (CHINA)
(中国国家発展計画委員会外事司処長)

4. Mr. Bernard M. Kapp (FRANCE)
(クリエ・アンテルナシオナル編集長)

5. Ms. Bati Lestari (INDONESIA)
(工業商業省中小企業貿易総局秘書課長)

6. Prof. Franco Bruni (ITALY)
(ボッコーニ大学経済学部正教授)

7. Mr. Francis Kipkosgei Moiywo (KENYA)
(ケニア輸出振興会総裁)

8. Ms. Yeidckol Polevnsky (MEXICO)
(全国製造業会議所会長)

9. Mr. Saard Theerarojanawong (THAILAND)
(バンコク銀行外国為替部シニア・バイスプレジデント)

10. Ms. Judi R. Kilachand (U.S.A.)
(アジア・ソサイアティ ビジネスプログラム・ディレクター)

11. Dr. Isaac Maya (U.S.A.)
(南カリフォルニア大学IMSセンター産業・技術移転プログラム・ディレクター)

12.Mr. James F. Watson (U.S.A.)
(STARTech社会長)

13.Ms. Beatriz Estella Valdez (VENEZUELA)
(企画開発省多国間融資局長 兼 国際技術協力局長代理)

関連記事


第26回リーダーシップ・プログラムの実施について

第26回リーダーシップ・プログラム参加者からの意見(1)-日本の政治と経済に対するコメントより-

第26回リーダーシップ・プログラム参加者からの意見(2)-日本の社会・文化及びプログラム全体に対するコメントより-


担当:国際交流部