平成15年度 第30回 リーダーシッププログラム 「対日投資欧州プレスツアー」【2004/03/01-05】

平成15年度 第30回 リーダーシッププログラム
「対日投資欧州プレスツアー」


概要


 第30回プログラムは、2004年3月1日~5日までのスケジュールで、13名の参加者を得て実施された。

日程:2004年3月1日(月)~5日(金)


被招聘者


13名(詳細は下部を参照)


主な訪問先等


・プレゼンテーション:『日本経済の課題と展望』
(財)世界経済情報サービス(ワイス)理事長 黒田 眞
・プレゼンテーション:『日本市場と外国企業』
日本ケイデンス・デザイン・システムズ社会長 グレン・S・フクシマ
・フォーリンプレスセンター
・(株)ヒタチスプリング
・内閣府
・外務省
・経済産業省
・日本貿易振興機構
・ソニー(株)メディア・ワールド
・トヨタ会館、トヨタ自動車(株)元町工場
・愛地球博会場
・オムロン(株)
・京都リサーチパーク
・(株)トーセ
・ワコール(株)


開催風景1 企業視察

レセプション 被招聘者

被招聘者


1. Mr. Michael Moravec (AUSTRIA)
(スタンダード紙経済部長)

2. Mr. Carl Sidonie Pansaerts (BELGIUM)
(De TIJD蘭語経済紙海外デスク経済担当記者)

3. Mr. Morten Sorensen (DENMARK)
(ベアリンスケ・ティーデネ「ニューヘドスマガジン」レポーター)

4. Ms. Paivi Annukka Isotalus (FINLAND)
(ヘルシンギン・サノマット紙論説委員)

5. Mr. Stephane Dupont (FRANCE)
(レ・ゼコー紙アジア太平洋担当編集者)

6. Mr. Michael Kuntz (GERMANY)
(南ドイツ新聞経済部編集長)

7. Ms. Georgia Zikou (GREECE)
(カシメリニ紙経済担当記者)

8. Mr. Brendan Michael Keena (IRELAND)
(インディペンデント紙ビジネス担当編集者)

9. Mr. Stefano Carrer (ITALY)
(イル・ソーレ=24オーレ国際部レポーター)

10. Mr. Marc Edouard Thill (LUXEMBOURG)
(ルクセンブルガー・ヴォルト紙経済担当記者)

11. Mr. Max Olav Christern (NETHERLANDS)
(ハンデルスブラット紙経済部編集長)

12. Mr. Manuel Carlos Carvalho (PORTUGAL)
(プーブリコ紙編集次長)

13. Mr. Adrian Francisco Sotes (SPAIN)
(エクスパンション紙記者)

14. Mr. Johan H. Schuck (SWEDEN)
(ダーゲンス・ヘーニテル紙上級コラムニスト(経済財政担当))

15.Mr. Alan Beattie (U.K.)
(フィナンシャル・タイムズ紙経済担当主任記者)

関連記事


日欧経済関係:対日投資 欧州プレスツアー実施の背景

対日投資欧州プレスツアーに対するコメント

EBC の活動およびツアー参加者と在日欧州実業家との意見交換会


担当:国際交流部