平成16年度 第31回 リーダーシッププログラム 【2004/09/06-11】

平成16年度 第31回 リーダーシッププログラム


概要


第31回プログラムは、2004年9月6日~11日までのスケジュールで、15名の参加者を得て実施された。

日程:2004年9月6日(月)~9月11日(土)


被招聘者


15名(詳細は下部を参照)


主な訪問先等


・プレゼンテーション:『日本の経済』
(株)富士通総研 専務取締役 根津 利三郎
・プレゼンテーション:『日本の政治』
衆議院議員 民主党 首藤 信彦
・プレゼンテーション:『日本の市場』
日本NCR(株)執行役員 共同社長 グレン・S・フクシマ氏
・経済産業省
・プレゼンテーション:『我が国の経済産業政策』
経済産業審議官 日下 一正
・プレゼンテーション:『日本の社会』』
杏林大学国際協力研究科 教授 熊谷 文枝
・プレゼンテーション:『日本の文化』
共立女子大学 客員教授 フランソワーズ・モレシャン・ナガタキ
・ソニー(株)メディアワールド
・(株)GDH
・トヨタ自動車
・愛地球博覧会
・ローム(株)
・渡文(株)


レセプション プレゼンテーション風景
京都

被招聘者


1. ゲオルグ・ミハエル・カラバチェック(Mr. Georg Michael KARABACZEK)(オーストリア)
(オーストリア連邦産業院 対外経済関係局 生産部長/役員)

2. ピエール・ソーヴェ (Mr. Pierre SAUVE)(カナダ)
(世界銀行 コンサルタント)

3. マシュー・テイラー (Mr. Matthew TAYLOR)(カナダ)
(ウィルソン&パートナーズ シニアマネージャー)

4. クリスチャン・ベション (Mr. Christian BECHON)(フランス)
(会計検査院 顧問)

5. キャロリン・ガイロシェ (Ms. Caroline GAILLOCHET)(フランス)
(フランス投資庁副長官)

6. フリーデリケ・ボッセ (Dr. Friederike BOSSE)(ドイツ)
(ドイツ産業連盟 対外関係調整部長)

7. アレクサンダー・グラフ・ランドルフ (Count Alexander Graf LAMBSDORFF)(ドイツ)
(EU議会議員)

8. サンジャイ・トレハン (Mr. Sanjay TREHAN)(インド)
(ヒンドスタン・タイムズ 編集長(インターネット担当))

9. アルバート・ムマ (Mr. Albert MUMMA ODUOR)(ケニア)
(ナイロビ大学 上級講師)

10. イリーナ・ゴルブーリナ (Ms. Irina GORBULINA)(ロシア)
(ロシア・ビジネスアカデミー 総裁)

11. アンドレイ アレクサンドロヴィッチ リュバーリン (Mr. Andrei Alexandrovich LUBALIN)(ロシア)
(ロシア経済発展貿易省貿易投資促進エージェンシー 総裁)

12.マーティン・エルブ (Mr. Martin HERB)(スイス)
(エルブ・タカタ弁護士事務所 弁護士・共同経営者)

13.テチャ・ブーンヤチャイ (Mr. Techa BOONYACHAI)(タイ)
(タイ全国船舶評議会 理事及び副事務局長)

14.ローレル・ライナー (Ms. Laurel REINER)(アメリカ)
(ランゲージズサービスイズ 創業者)

14.マイケル・ジーレンガー (Mr. Michael ZIELENZIGER)(アメリカ)
(カリフォルニア大学バークレー校 東アジア研究所 客員教授)

関連記事


第31回「リーダーシッププログラム」日本についての洞察と印象


担当:国際交流部