日EU研究・技術・イノベーション フォーラム 【2006/04/22】

日EU研究・技術・イノベーション フォーラム


概要


 我が国とEUは、ともに持続的な産業競争力の実現にむけて、活力ある知識経済を構築する必要にせまられており、そのために重要な役割を担う研究・技術分野において、国レベル、地域レベルのイニシアティブによる産官学連携への取り組みが進展している。
 そこで、EU諸国より、ナノテクノロジーおよびバイオテクノロジー分野の専門家を招聘し、事例紹介、日本人専門家との意見交換等を通じて、日EU間の連携強化のための課題克服への示唆を得るとともに、参加者間の国際理解促進、今後の情報交換・共同事業等を行う人的ネットワーク形成を図ることを目的にフォーラムを開催した。
 なお、本フォーラムは、日EUサミット開催に合わせ企画し、バイオクラスター計画に積極的に取り組む関西地域において開催したものである。

日程:2006年4月22日(土)
場所:神戸大学百年記念館 六甲ホール(兵庫県神戸市)
主催:EUインスティテュート関西、財団法人貿易研修センター
後援:駐日欧州委員会代表部、オーストリア大使館(EU議長国)、経済産業省、兵庫県、神戸市、神戸大学


内容


 冒頭の基調講演では、我が国の産業クラスター政策及び欧州の技術プラットフォームの取組みについて紹介が行われた。引き続き、日、EU双方の各パネリストによって、第1セッションでは、ナノテクノロジー、特にナノエレクトロニクスについての取組み、第2セッションでは、医療分野に特化したバイオテクノロジー分野での地域レベルの取組みについて、双方から紹介が行われた。  フォーラムには、約100名の一般参加者があり、多くの参加者から、講演を通じて、今後国際競争力を維持するための、日EUにおける研究・開発の協力の必要性を認識したとの評価を得た。今後、同フォーラムの成果が、日EU間での産学官の具体的な連携強化につながることが期待される。


PDF (895KB) プログラム


参加者

参加者

第1セッション-ディスカッション

第1セッション-ディスカッション


第2セッション-パネリスト

第2セッション-パネリスト

フォーラム会場

フォーラム会場



担当:国際交流部