(本ページの英語版はこちら)

平成18年度(四国地域):タイPJミッション派遣【2006/11/27-12/01】

平成18年度(四国地域):タイPJミッション派遣


概要


 愛媛県西条市は名水をはじめ、日本では西条市でしか栽培が成功していない「はだか麦」、特産のみかんを飼料に育てた鶏卵などを原料とした、特徴のある食品特産地である。当該事業は、西条産業情報支援センターによる地場企業経営者への各種相談会開催等の活動の積み重ねから、自商品のさらなる飛躍を目指すに至り、この度のタイにおける、日本食品市場を中心とした販路の開拓とビジネスマッチングを目的とするミッション派遣が実現したものである。


日程:2006年11月27日~12月1日
主催:株式会社西条産業情報支援センター、(財)貿易研修センター、四国経済産業局
後援:ジェトロ愛媛貿易情報センター
場所:タイ(バンコク)

内容


 タイの主要デパート、小売店、レストラン等のバイヤー、日本料理店を訪問し、食品の試食、商談を行なうとともに、タイでの日本食品市場の事情を調査した。
商談及び視察企業は以下の通り:

神戸屋食品工業株式会社
サイアムパラゴン(国内最大デパート)
ザ.モールグループ本部(国内有数デパートグループ)
TOPS本部(〃)
フジスーパー(国内有数の日本食品スーパーマーケット)
日本亭(ホテルインターコンチ内 日本食レストラン)
味里(日本食レストラン)

 今回の市場調査を通じて、タイの現地日系企業の駐在員および健康志向を強めるタイの富裕層をターゲットとした日本食品市場のポテンシャルを改めて確認出来た。  持参した食品サンプル20数点のうち、約半数の商品に、タイ滞在中に発注が入ったり、デパートで開催予定の日本食フェアへの出展打診があるなど、目に見える成果があった。また、その他にも、タイへの輸入や現地での保管方法、効果的な宣伝について、具体的な話し合いがなされ、今後の商品開発、PR方法に大いに有益な情報が得られ、今後タイ日本食市場に、安定的な商品供給の足掛かりが出来た。


バイヤーに向けての商品PR

バイヤーに向けての商品PR


持ち込んだサンプル商品1

持ち込んだサンプル商品1

持ち込んだサンプル商品2

持ち込んだサンプル商品2




担当:国際交流部

(本ページの英語版はこちら)