● アメリカ:カムラン・エラヒアン 氏 Global Catalyst Partners会長、● 中国:孫臻 氏 ASMCマーケティングディレクター、● 台湾:梁明成 氏 京元電子總経理社長 招聘 【2007/03/02-07】

アメリカ:カムラン・エラヒアン 氏
Global Catalyst Partners会長

中国:孫臻 氏
ASMCマーケティングディレクター

台湾:梁明成 氏
京元電子總経理社長 招聘


概要


 当フォーラムは、「九州シリコン・クラスター新発展戦略」で掲げられた、九州の半導体関連産業における「競争力のある世界企業の育成とKYUSHUブランドの確立」に向けて、九州地域の半導体関連産業が目指すべき技術・国際的な事業戦略を探るとともに、九州の半導体関連産業と競合関係にあると同時に極めて重要な市場であるアジアを中心としたハイテク・クラスターとの技術交流を図ることを目的として開催された。

日時:2006年11月1日(水)~2日(木)
主催:財団法人貿易研修センター、九州半導体イノベーション協議会、佐賀県、九州北部学術研究都市整備構想推進会議
後援:九州経済産業局、他


被招聘者


アメリカ:カムラン・エラヒアン 氏
Global Catalyst Partners会長

中国:孫臻 氏
ASMCマーケティングディレクター

台湾:梁明成 氏
京元電子總経理社長


内容


 1日目のフォーラムでは、半導体産業におけるグローバルな事業戦略を探ることをテーマとし、米国・シリコンバレー、中国・上海、台湾・新竹からのスピーカーによる、アジア・世界での半導体ビジネスモデルやベンチャー企業の成功戦略の紹介を中心とした講演・パネルディスカッションを実施した。また、2日目は、日本の大手半導体企業から講師を迎えての講演で、半導体等電子部品・装置・解析等の製造現場のプロフェッショナル育成事業紹介、九州半導体メーカーによる技術発表会を開催するとともに、九州の高度先端技術研究開発拠点等を視察する施設見学会を実施した。


 半導体分野で活躍する国内外の著名人が参加した当フォーラムは、内容が半導体関連の技術開発にとどまらず、ベンチャー育成、新産業創出等ビジネスの視点も加わり、参加者にとって大変興味深いものであった。このような国際フォーラムが九州で実施されたことは、世界ブランドの確立に向けて九州半導体産業の活性化・高度化を推進する上で、大変意義があったといえる。当フォーラムを通じて、半導体関連産業・学術・行政の連携が強化され、相互の有益な情報交換が可能となり、具体的なビジネスマッチングが生み出されることが期待できる。


PDF (3.5MB) プログラム


エラヒアンGCP会長の基調講演

エラヒアンGCP会長の基調講演

パネルディスカッション風景

パネルディスカッション風景


技術発表会

技術発表会

AIST九州視察

AIST九州視察




担当:国際交流部