平成19年度(近畿地域):関西ITミッション in 大連 (中国)【2007/09/21-22】

平成19年度(近畿地域):関西ITミッション in 大連 (中国)


概要


 関西には東京に次ぐIT産業の集積があり、近畿経済産業局ではこれを重視し、産業クラスター計画等で振興を図っている。IT産業のなかでもソフトウェア・情報サービス業界は、質の高いソフトウェア開発を効率的に行うとともに、近年のIT利活用の広がり、ソフトウェアの高度化・大規模化に対応するためのIT人材の確保が重要課題となっている。
 このような現状をふまえ、海外ビジネス進出をはかる中小IT企業の海外展開を支援する目的のもと、平成19年6月、近畿経済産業局、ジェトロ大阪・大連、貿易研修センターの共催により関西から中国の大連にIT系ベンチャー企業のミッション団を派遣した。大連は、日本語を話す理系IT人材が多く、日本向けITソフトの開発拠点として急成長をとげている都市である。本ミッション派遣には、施設見学、既進出日系企業との対話、セミナーへの参加、大型国際IT展示会・商談会参加などの予定が組まれ、参加企業の大連ITビジネス環境の把握と現地企業・人材とのネットワーク形成をはかった。
 なお、本事業は、中国交正常化35周年事業の一環として実施されたものである。

日程:2007年6月20日~6月23日
場所:中国・遼寧省・大連市
主催:近畿経済産業局、ジェトロ大阪、ジェトロ大連、(財)貿易研修センター
協力:(社)関西経済連合会、大阪商工会議所、関西パートナーシップ協議会、日中経済貿易センター、近畿情報システム産業協議会、(財)関西情報・産業活性化センター


主な訪問先


・ジェトロ大連事務所
・大連ソフトウエアパーク
・IT人材開発プログラム
・関西投資誘致セミナー
・大連市ソフトウエア産業協会との交流会
・日中ソフトウエア企業商談会
・中国国際ソフトウエア・情報サービス交易会(第5回CISIS交易会)
・大連市副市長表敬


内容


 中国国際ソフトウエア情報サービス交易会(第5回CISIS交易会)参加、現地企業とのビジネスマッチング・商談会参加、関西への投資誘致セミナー開催、IT人材確保に向けた現地の企業や大学との交流事業などを通じて、関西のIT企業の国際競争力強化および中国企業の関西への投資誘致も図った。
 CISIS交易会は、中国商務部、情報産業部、大連市主催の国家級規模の催しであり、高木美智代経済産業大臣政務官が訪れ、来賓挨拶を行った。貿易研修センターからは、大慈弥専務理事が本ミッション副団長として6月20日から22日まで参加した。

・大連に対する認識のアップデート
・高度IT人材:日本語(英語)IT人材、実力の確認
・第5回CISIS交易会
(中国商務部、情報産業部、大連市主催の国家級最大規模の催し)に参加、日本からは20社(うちミッション参加11社)が商談
・関西投資誘致セミナー:ソフト・情報産業の関西への誘致努力

 本ミッション参加者の声には、「今回、最も驚いたことは、大連・東北三省IT企業が予想以上に高いポテンシャルをもっていること」「中国のビジネス環境が日々、大きく変化している様子を目の当たりにして、かなりの危機感を抱いて帰国した。(中略)今後の中国側とのビジネスの焦点が、『コスト』から『品質』へと移りつつあるように感じた。」「今後中国とビジネスを行う上での新たな発見も多く、非常に実りの多い商談会となった。」などがある。

 IT・ソフトウエア産業の興隆が進むその地を実際に訪れ、その潜在力を学び、臨場感を掴んだことは、IT関連企業が海外ビジネス進出をはかるうえで重要な情報を得る機会となった。


ミッション団員

ミッション団員


大連ソフトウエアパーク視察1

大連ソフトウエアパーク視察1

大連ソフトウエアパーク視察2

大連ソフトウエアパーク視察2


IT人材開発プログラム

IT人材開発プログラム




担当:国際交流部