(本ページの英語版はこちら)

● ベトナム:チュオン・ヴァン・ドアン氏、ベトナム計画投資省副大臣、● ベトナム:ファン・フー・タン氏、ベトナム計画投資省外国投資庁長官 招聘 【2007/10/21-25】

ベトナム:チュオン・ヴァン・ドアン 氏
ベトナム計画投資省副大臣

ベトナム:ファン・フー・タン 氏
ベトナム計画投資省外国投資庁長官 招聘


概要


 06年の安倍総理訪越、経団連ミッション派遣を契機として、日越の経済交流の動きが活発化するなか、九州とベトナムの経済交流の現状を見ると、九州の貿易総額に占めるベトナムの割合は0.5%(543億円)、日越貿易額に占める九州の割合は4.9%に止まっており、ベトナム進出企業(86年以降)は10件程度と、経済交流が活発化しているとは言い難い状況にある。
 このため、九州経済産業局と(社)九州経済連合会が連携して、ベトナムと九州地域の継続的な経済交流を模索するため、07年1月に行政、経済界による調査団(30名)を派遣したところ、ベトナム側から先の総理訪越後の最初の経済訪問団が九州であったことで評価を得、今後の九越間の経済交流のためのネットワーク形成のきっかけ作りができた。
 今回の要人招聘による九州・ベトナム経済交流セミナーの開催は、先の調査団派遣を踏まえ、今後の継続的なネットワークを形成し、更なるビジネス拡大を図ることを目的として実施したもので、ベトナム計画投資省から副大臣及び外国投資庁長官を九州に招聘して、九州のPRを行うとともに、九州の企業及び支援機関関係者を対象に、ベトナム理解とビジネス交流を促進するためのセミナーを開催した。

日時:2007年10月21日(日)~25日(木)
場所:福岡市、北九州市


被招聘者


チュオン・ヴァン・ドアン 氏
ベトナム計画投資省副大臣

ファン・フー・タン 氏
ベトナム計画投資省外国投資庁長官


内容


 今回、九州経済国際化推進機構では、ベトナム計画投資省副大臣一行に福岡及び九州経済を理解してもらうために、セミナーに先立ち、地元九州のベトナム関心企業(20社)との意見懇談会や九州経済界との昼食懇談会をアレンジするとともに、セミナーの翌日(帰国前日)には、九州を代表する2大製造業の、新日本製鐵(株)八幡製鉄所とトヨタ自動車九州(株)宮田工場の見学に案内して、ベトナム側に大変感謝された。
 セミナーにおいては、来賓として出席した山本幸三衆議院議員(前経済産業副大臣)から、最近2回のベトナム出張経験を踏まえた同国の現状紹介と、日越間でWIN-WIN関係の構築が必要との挨拶があった後、計画投資省のドアン副大臣から、成長するベトナム経済の現状紹介とともに、ベトナムにとって戦略的パートナーである日本との経済関係が重要であり、貿易・投資の分野で、地元九州の民間企業の進出を期待するとのスピーチがあった。
 次いで、外国投資庁のタン長官から、投資関連の法的枠組み、工業団地と優遇措置など、ベトナムの投資環境全般についての紹介があったが、セミナー参加者にとっては、直接日本語で講演した、外国投資庁の市川アドバイザーの、主としてベトナムにおける日本企業の投資・進出の動機付けや日本企業の目から見たベトナムの実情(魅力と問題点、インフラ、コスト比較など)についての説明や、地元九州からベトナムに進出しているTOTO VIETNAM社の竹島社長の、ベトナムの魅力についての話が非常に参考になったようだ。
 質疑応答では、熊本の企業2社から、中部ベトナムの特徴、情報インフラの整備状況、投資申請手続きについて質問があり、ベトナム側から丁寧な回答があった他、続くレセプションにおいて、参加した地元企業家とベトナム側関係者の間で、個別に名刺交換や質疑応答、情報交換が活発に行われた。

セミナープログラム  セミナーには、九州各地から190人(事務局含む)の参加者を得て、盛況であった。事前のベトナム関心企業との懇談会、セミナー後のレセプションでの意見交換等のプログラムを含め、今回の招聘事業を通じて地元のベトナム理解が促進され、今後のビジネス交流が拡大することが期待される。

-開会、主催者挨拶:九州経済国際化推進機構 会長  鎌田迪貞
-来賓スピーチ:衆議院議員(前経済産業副大臣) 山本幸三
-ベトナム側スピーチ:ベトナム計画投資省 副大臣
-講演『ベトナム-新たなビジネスと投資の国』:ベトナム計画投資省外国投資庁長官
-講演『投資先として益々注目されるベトナム』:ベトナム計画投資省海外投資アドバイザー 市川匡四郎
-講演『日系進出企業から見たベトナムの魅力』:TOTO VIETNAM CO., LTD.社長 竹島孝治
-ダイアン工業団地の紹介:ダイアン工業団地開発会社会長
-質疑応答、閉会:


セミナーで挨拶するドアンMPI副大臣

セミナーで挨拶するドアンMPI副大臣

セミナー会場

セミナー会場


九州経済界との懇談会

九州経済界との懇談会

トヨタ自動車(株)視察

トヨタ自動車(株)視察




担当:国際交流部

(本ページの英語版はこちら)