世界貿易機関(WTO):ヤン・ヴォズノフスキー氏 ルール部長 招聘 【2007/03/02-07】

世界貿易機関(WTO):ヤン・ヴォズノフスキー氏
ルール部長 招聘


概要


 世界貿易機関(WTO)のルール部は、WTO内で最も大きい運営部門の一つであり、アンチ・ダンピングや補助金相殺関税などの貿易救済関連のルールを担当し、WTOの紛争処理ケースの50%以上を担当している。このたび、1992年よりWTOルール部長を務めておられるヤン・ヴォズノフスキー ルール部長を招聘し、WTOにおける紛争処理の課題や今後の展望等について政府関係者等が説明を聞き、意見交換する機会を設けるとともに、我が国の経済・社会・文化への理解を深めていただけるよう努めた。

日時:2006年11月7日(火)~12日(日)
主催:財団法人貿易研修センター
協力:経済産業省、(財)国際貿易投資研究所、公正貿易センター


被招聘者


世界貿易機関(WTO):ヤン・ヴォズノフスキー氏
ルール部長

内容


11月8日(水)
来日

11月9日(木)
貿易研修センターにてオリエンテーション、
(独)経済産業研究所(RIETI)にて講演
(BBLセミナー)No.423 2006年11月09日

11月10日(金)
経済産業省訪問
通商政策局通商機構部幹部との意見交換会

11月11日(土)
都内視察

11月12日(日)
帰国


 GATTおよびWTO事務局での永年の経験を積んだ国際通商機構のエキスパートである同部長と国内のこの分野の有識者や政府関係者との自由な意見交換の機会を設定することができた。同部長が我が国の経済の現状、国際通商紛争への取り組みへの理解を深めたことにより、今後のWTOとの関係の円滑化に寄与することができたことが期待される。


経済産業研究所 (RIETI)BBL講演にて

経済産業研究所 (RIETI)BBL講演にて

貿易研修センターにてオリエンテーション

貿易研修センターにてオリエンテーション




担当:国際交流部