(本ページの英語版はこちら)

平成20年度(九州地域):中国華東地域におけるビジネス交流事業 (蘇州-上海)ミッション派遣【2008/11/04-07】

平成20年度(九州地域):中国華東地域におけるビジネス交流事業 (蘇州-上海)ミッション派遣


概要


 目覚しい経済発展を続ける中国では、近年、水質・大気汚染などの環境問題が深刻化、また省エネルギーの推進を国家目標とするなど環境保全と省エネルギー対策に力を入れている。他方、九州地域には過去の深刻な産業公害を克服した経験から広範な環境・省エネルギー技術・ノウハウが蓄積されている。このような状況を踏まえ、第13回九州・中国産業技術協議会、中国国際工業博覧会の開催時期に合わせ、環境・省エネ技術を中心とするビジネス交流ミッションを中国、上海・蘇州に派遣した。


日程:2008年11月4日(火)~7日(木)
主催:財団法人 貿易研修センター、九州・中国産業技術協議委員会、九州経済国際化推進機構、財団法人 九州地域産業活性化センター
共催:九州経済産業局
場所:中国、上海市、蘇州市


参加者


鎌田 迪貞(九州・中国産業技術協議委員会会長)
橘高 公久(経済産業省 九州経済産業局長)
水吉 徹夫((財)貿易研修センター 国際交流部長)
他 42名


内容


 中国における水、大気、土壌等環境汚染問題の深刻化に伴い、中国政府は第11次5ヵ年計画の中でも環境保全を最重要課題のひとつとして取り組んでおり、国民への啓蒙、国内環境産業・企業の育成に加え、日本との連携の重要性が強調された。
 環境問題改善に向けての中国政府政策への理解を深めるとともに、ビジネス交流会、商談会(上海国際工業博覧会場)では多くの企業交流が行われた。帰国後のアンケート調査では前者で10件、後者では6件の具体的な商談が進展している。


第13回九州・中国産業技術協議会

第13回九州・中国産業技術協議会

中国科学技術部主催歓迎レセプション

中国科学技術部主催歓迎レセプション


蘇州工業園区・中国企業視察

蘇州工業園区・中国企業視察




担当:国際交流部

(本ページの英語版はこちら)