CCJケースメソッド研究会 【2009/12/04】

CCJケースメソッド研究会


概要


 「ディスカッション・リードを試す場が欲しい」という日本ケースセンター会員からの要望に応え、(株)ケースメソッド教育研究所代表取締役の竹内伸一氏をディスカッション・リード(DL)に迎えて、ケースメソッド授業の運営経験者を対象に2時間半のワークショップを開催した。参加者は、会合に先立って送付された課題に、事前に取り組んだ上で、当日参加した。


主催:日本ケースセンター((財)貿易研修センター)

日程:2009年12月4日 18:30~21:00


参加者


大学(院)教員、経営コンサルタントなど


内容


 当日は、参加者が準備して来た事前課題をベースにクラス討議を行い、参加者は“学生”として参加する一方、“DL”の視点で授業を観察。討議終了時に、竹内氏が事前に用意した授業計画を元に、想定していた内容と実際の討議の違い、その理由、また改善の余地について、改めて議論(ディブリーフィング)を行った。
 ディブリーフィング(60分)には、参加者から、時間拡大の要望を複数受けた。更に深く十分な議論を行うため、次回は、本セッション枠を90分に拡大する予定。  講師(DL)については、DLと参加者が共に対等な立場で議論を深めて行くという、本会の趣旨に沿う人物として、竹内伸一氏に依頼。竹内氏の、寛いだ雰囲気で、活発な意見を参加者から引き出す技量とオープンな人柄に加えて、大変緻密な授業準備から、参加者からは非常に好評であった。


ディスカッション・リーダー(竹内氏) 1 ディスカッション・リーダー(竹内氏)2
ディスカッション・リーダー(竹内氏)



担当:人材育成部