平成21年度 東北地域産業立地環境等理解促進事業【2009/01/14,22-23】

平成21年度 東北地域産業立地環境等理解促進事業


概要


 東北地域には、企業立地環境として多くの強みや優位性、潜在性があり、「ものづくり」産業集積地域を多数有している。しかし、これらの情報について外資系企業の理解が進んでいないのが現状である。このため、首都圏に拠点を置く外資系企業を主な対象に、東北の魅力を紹介、当地域への二次進出を促進することで、地域経済の活性化・国際化を図ることを目的とし本事業を実施した。


主催:(財)貿易研修センター、(独)日本貿易振興機構、東北地域産業開発促進協議会(経済産業省東北経済産業局、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、仙台市)
場所:山形県、宮城県


日程


2009年1月14日(水)15:00 ~ 18:40
1.Invest Tohoku Seminar

2009年1月22日(木) ~ 23日(金)
2.東北インダストリアルツアー


参加者


首都圏に拠点を置く外資系企業で、東北地域への二次展開・投資に関心のある関係者及び、在京の外国公館、外国地方自治体関係者。


主な訪問先(東北インダストリアルツアー)


・山形県庁(有機ELプレゼン)
・山形カシオ(株)
・山形県工業技術センター
・宮城県庁(投資環境紹介)
・東北大学
・宮城県産業技術総合センター
・トヨタ自動車東北(株)

首都圏に拠点を置く外資系企業で、東北地域への二次展開・投資に関心のある関係者及び、在京の外国公館、外国地方自治体関係者。


内容


 セミナーでは、福島県須賀川市に事業所を構えるジョンソン・エンド・ジョンソン(株)メディカルカンパニーの小林利彰事業所長より、東北の実情が語られた。同社は、東京に本社を構え、須賀川を含む日本各地に事業所をおく、いわば本セミナー出席者に期待する事業所の展開形態をとっている。1970年代に事業所が設立された当初から現在までの同社の歩みと東北での勤務経験を通じた生の声がセミナー参加者と共有された。また、(株)産業タイムズ社の泉谷渉専務取締役編集局長からは、設備投資の波が東北に向かっているという傾向、東北に巨大工場建設計画が急増している現状、そして東北地域の可能性と今後の課題についてのお話があった。その他、東北経済産業局や自治体から東北地域の魅力が紹介され、知見を広める場となった。
 セミナー一週間後には、東北インダストリアルツアーを実施し、セミナー参加者の中から13名(先着)に山形県と宮城県の産業施設等を案内し、東北地域の豊富な土地資源、優秀で勤勉な人材、首都圏からの移動の利便性、等、東北の優位な立地環境を実際に見、聞き、経験する機会とした。
 以下に、東北の魅力とその優位性を紹介する。

・東北地域は、冷涼な気候、良好な住環境、安価な土地価格、優秀で豊富な人材に恵まれる、等、有益な特長を有し、多くの先端企業が立地を進め、その満足度も高い。
・東北大学を始めとする高度な教育インフラがあり、産学連携、大学発ベンチャーなどイノベイティブな環境が整備されている。
・高度で付加価値の高い産業(例:山形県の有機EL事業)を有する東北地域は、産業フロンティアとしての期待が高く、新規事業に大きな関心と集中が起こりつつある。
・トヨタ自動車(株)は工場の一極集中によるリスク分散のため、東北を新工場の立地先とした。長期的展望を見据えれば、今こそ東北地域への展開を考える良い時期といえる。(東北経済産業局 根井局長講演 [1/14] 内容より一部抽出)

 セミナーへは、JETROを始め、各自治体、機関等からターゲットとする外資系企業に案内・勧誘を行った結果、44名の参加があった。これらの参加者は、東北地域への企業立地に強い関心を示した企業といえる。セミナー及びインダストリアルツアーの真価はここからが本番で、今後、各自治体が有効に企業へのコンタクトを図り、企業誘致へと結びつけていくことに高い期待が寄せられる。

プログラム(Invest Tohoku seminar)
(1) 東北地域の紹介 東北経済産業局長 根井 寿規
(2)最近の産業のトレンド
 2009年設備投資のキーワードは環境・エネルギー・低コスト
 -工場誘致に魅力的な東北エリアの可能性と課題-
 (株)産業タイムズ社 専務取締役 編集局長 泉谷 渉
(3)東北立地経験談
 -我々はなぜ東北を選んだのか、その結果は-
 ジョンソン・エンド・ジョンソン(株)メディカルカンパニー須賀川事業所
 事業所長 小林 利彰
(4) 投資インセンティブについて
宮城県 経済商工観光部 産業立地推進課 参事兼課長 菅原 久吉 16:40-16:50
山形県 商工労働観光部 産業立地室 室長 松田 芳徳


 東北経済産業局 根井局長による講話

東北経済産業局 根井局長による講話

セミナー

セミナー


山形カシオ 図面レスによる高効率を実現

山形カシオ 図面レスによる高効率を実現

セントラル自動車本社工場建設予定地豊富な土地は東北の資源である

セントラル自動車本社工場建設予定地豊富な土地は東北の資源である



担当:国際交流部