平成29年度 アジア有望指導者招聘事業 (九州局)「ミャンマー商工会議所連盟」招聘事業【2017/8/1-4】

平成29年度 アジア有望指導者招聘事業 (九州局)
「ミャンマー商工会議所連盟」招聘事業


概要


 アジア最後のフロンティアといわれるミャンマーは、現在、日本企業がアセアンで最も注目している国である。九州のビジネス界は、2018年2月にミャンマーに経済交流ミッションを派遣することになり、事前の情報収集、ネットワーク構築のため、ミャンマー商工会議所連盟のゾー・ミン・ウィン会頭、イェ・ミン・マウン執行委員を招聘した。両氏は「ミャンマービジネスセミナー」で、最新のミャンマービジネスの情報を提供するとともに、ミャンマーでのビジネス展開の可能性がある九州企業を視察し、意見交換を行った。

日程


2017年8月1日~4日


被招聘者


• ミャンマー商工会議所連盟 会頭 Zaw(ゾー) Min(ミン) Win(ウィン) 氏
• ミャンマー商工会議所連盟 執行委員 Ye(イェ) Myint(ミン) Maung(マウン) 氏

訪問先


• 楽しい株式会社(北九州市)、有限会社石橋屋(大牟田市)
• ベジフルスタジアム(福岡大同青果(株)、福岡市)、青紫蘇農場株式会社(熊本県合志市)
• 福岡商工会議所(福岡市)

セミナー概要


「ミャンマービジネスセミナー」
日時:2017年8月2日(火)13:30~17:00
場所:ハイアットリージェンシー福岡「リージェンシーⅠ」
主催:九州経済国際化推進機構、(一財)貿易研修センター、(一社)九州経済連合会、九州経済産業局

■挨拶
 九州経済国際化推進機構会長 麻生 泰(九州経済連合会会長)

■代表メッセージ
 「九州とミャンマーの経済交流について」
 ミャンマー商工会議所連盟 会頭 Zaw(ゾー) Min(ミン) Win(ウィン) 氏

■基調報告
 「九州との経済交流への期待」
 ミャンマー商工会議所連盟 執行委員 Ye(イェ) Myint(ミン) Maung(マウン) 氏

■講演
 •「ミャンマーの現状と投資先としての魅力
  ~過去50年間で最大の経済発展機会を迎えたミャンマー~」
  JETRO ヤンゴン事務所 所長 山岡 寛和 氏

 •「ミャンマーでの事業経験~日々新鮮なミャンマーの現場」
  Daiichi Asia 高柴剛 代表取締役社長

 •「ミャンマー投資最前線~ティラワ経済特別区のいま」
  住友商事(株)海外工業団地部 部長付 和智 聡 氏

 •「農業バリューチェーンの構築に向けた取組と課題」
  (株)メディカルグリーン 開発事業室 室長
  西田精麦(株) 企業開発室 新規事業担当 長根 寿陽 氏

■その他
 「九州・ミャンマー経済交流ミッションの派遣について」
 九州経済国際化推進機構






担当:国際交流部