| 最新号 |この記事のカテゴリー: IISTの活動 |
IIST e-Magazineのバックナンバー:| カテゴリー検索 | キーワード検索 | |
2010年度以前 (IIST ワールドフォーラムメールマガジン) のバックナンバー:| キーワード検索 | 時系列検索 |

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


IIST e-Magazine

200号発行にあたって | 貿易研修センター 専務理事 赤津 光一郎【配信日:2011/10/31 No.0200-0813】

配信日:2011年10月31日

200号発行にあたって

貿易研修センター
専務理事
赤津 光一郎

 IISTワールドフォーラムは、今月で第200号を迎えることができました。読者の皆さんのご支援に心から御礼申し上げます。

 2001年の創刊以来、IISTワールドフォーラムは日本の経済状況や経済産業政策の動向などについてタイムリーな情報提供を行ってきました。特に2009年4月以降は、一つのテーマを深く掘り下げたり、特色ある企業へのインタビューや地域情報など独自のコンテンツの充実を図ってきたところです。

 本年3月11日の東日本大震災については国内外を問わず様々なメディアで大きく報道されてきましたが、IISTワールドフォーラムでも地域に密着した視点と国際的な視点の双方からの記事を掲載してきました。
 この200号記念号では、東北地方の復興のため第一線で活動されている東北経済産業局の豊国局長に復興の現状について寄稿していただくとともに、在京の外交官が見た震災後の状況についての記事を掲載しています。

 今回の大震災は、家族の絆、地域の絆、日本としての絆、そして国際社会の一員としての絆など、様々な「絆」の重要性とありがたさを再認識させるものでした。
それらの絆は人々を支える力の源であることはもちろん、正確な情報の伝達や震災から得られた教訓の共有のためにも重要です。

 IISTワールドフォーラムは、これからも国際社会と日本をつなぐそういった絆の一つでありたいと考えています。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加


| 最新号 |この記事のカテゴリー: IISTの活動 |
IIST e-Magazineのバックナンバー:| カテゴリー検索 | キーワード検索 | |
2010年度以前 (IIST ワールドフォーラムメールマガジン) のバックナンバー:| キーワード検索 | 時系列検索 |