お問い合わせ

国際情勢講演会のご案内  平成30年度 IIST・中央ユーラシア調査会公開シンポジウム
 『「一帯一路」構想の現状と中央アジア』

 平成12年(2000年)11月にスタートした「IIST・中央ユーラシア調査会」では、世界の動向を大きく左右しつつあるアジアユーラシアの政治・経済・軍事情勢を的確にフォロー・分析すべく、地域研究専門家、国際政治・経済学者、外交官、ジャーナリスト等が定例的に集まり、現在までに170回を越える研究を重ねてきております。研究のエッセンスを年一回の公開シンポジウムで報告し、その問題設定の先見性と中央ユーラシア・アジア諸国サイドから日本を見る姿勢が、参加された方々にも高い評価を得てきています。
 さて、今年も中央ユーラシア・アジア情勢を語るときに、中国の「一帯一路」構想の現状分析は避けて通ることはできません。昨年のシンポジウムでは「一帯一路」構想のポジティブな側面が多く報告されましたが、ここにきて情勢は微妙に変化してきているように思われます。そこで、この一年間の変化を踏まえて、本年は『「一帯一路」構想の現状と中央アジア』をメインテーマに据えて、中国、ロシア、中央アジア、南西アジアの専門家により更に議論を深めて参りたいと考えます。皆様のご参加をお待ちしております。

日時:平成31年1月24日(木)13:30〜16:30(受付開始:13:00)
場所:東海大学校友会館「阿蘇の間」
   千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル35階
   TEL:03-3581-0121
  (地下鉄銀座線虎ノ門駅5番または11番出口より徒歩3分)
主催:一般財団法人貿易研修センター(IIST)
後援:日本商工会議所
   一般社団法人 日本貿易会(予定)
   独立行政法人 中小企業基盤整備機構
参加費:1,000円(税込み) (当日受付にてお支払ください。)
申し込み締め切り:平成31年1月18日(金)

講師:
▪袴田 茂樹 氏 新潟県立大学 教授/青山学院大学 名誉教授
▪田中 哲二 氏 中央アジア・コーカサス研究所 所長/中国研究所 会長
▪柯 隆 氏 (公財)東京財団政策研究所 主席研究員
▪清水 学 氏 (有)ユーラシア・コンサルタント 代表取締役

IIST・中央ユーラシア調査会公開シンポジウム 詳細PDF 

お申込みは終了いたしました。



※ (一財)貿易研修センターが開催する講演会、シンポジウム等の開催案内をメールでお受け取りになりたい場合は、 こちらからIISTサポーターズへご登録(無料)をお願いいたします。


コメントは受け付けていません。