シンポジウムのご案内

シンポジウムのご案内
 貿易研修センターでは【アジア研究会】【中央ユーラシア調査会】【国際情勢研究会】の成果発表の為のシンポジウムを開催しています。

 シンポジウムの開催案内がほしい、過去の講演会の詳細な内容・質疑応答をご覧になりたい場合には、IISTサポーターズ(無料)にご登録ください。
 登録完了メールに記載のパスワードで、2010年度以前の各会ページ下部に掲載の詳細PDFファイルをご覧いただけます。2011年度以降の各会につきましてはパスワードがなくても全ての内容をご覧いただけます。


IISTサポーターズへ登録をする   IISTサポーターズの登録解除をする

平成29年度 IIST・中央ユーラシア調査会公開シンポジウム 平成29年度 IIST・中央ユーラシア調査会公開シンポジウム
『中国とロシアのユーラシアアジア戦略と中央アジアの対応』
 —「一帯一路」と「ユーラシア経済同盟」—


 平成12年(2000年)11月にスタートした「IIST・中央ユーラシア調査会」は、21世紀以降の世界の動向を左右するアジアンユーラシアの政治・経済情勢を的確に把握すべく、地域専門家、外交官、ジャーナリスト等が集まり、非公開ですでに150回以上の研究会を重ねてきました。さらに、そのエッセンスを年一回の公開シンポジウムで報告し、研究会の先見性とも合わせて、シンポジウムに参加された方々からも高い評価を得てきております。
 今、「大航海時代」以来続いてきた「海の国の時代」が、英国、米国の「自国第一主義化」によって終焉し、中国、ロシアを中心とする「陸の国の時代」に向いつつあるとの見方があります。今後の、インドとインドネシアの台頭を織り込むと必ずしも一直線の「陸の国時代」に進むことにはならないかもしれませんが、習近平国家主席の「一帯一路」路線とプーチン大統領の「ユーラシア経済同盟」戦略は時代の先行きに大きな影響を与えるものであることは間違いありません。
 そこで、本シンポジウムでは、「一帯一路」路線と「ユーラシア共同体」戦略の実現性・将来性に光を当て、その間に挟まれる「中央アジア」の現状と対応及び日本の「中央アジア外交」についてそれぞれの専門家に登場して頂き、議論を深めて参りたいと考えます。多くの皆様のご参加をお待ちしております。

日時:平成30年2月14日(水)13:00~16:00(受付開始:12:30)
場所:東海大学校友会館「阿蘇の間」
   千代田区霞が関3-2-5 霞が関ビル35階
   TEL:03-3581-0121
  (地下鉄銀座線虎ノ門駅5番または11番出口より徒歩3分)
主催:一般財団法人貿易研修センター(IIST)
後援:日本商工会議所
   一般社団法人 日本貿易会
   独立行政法人 中小企業基盤整備機構
参加費:1,000円(税込み)(当日受付にてお支払ください。)
定員:120名
申し込み締め切り:平成30年2月7日(水)

講師:
▪袴田 茂樹 氏 新潟県立大学 教授/青山学院大学 名誉教授
▪田中 哲二 氏 中央アジア・コーカサス研究所 所長/中国研究所 会長
▪高原 明生 氏 東京大学 大学院 法学政治学研究科 教授
▪田口 精一郎 氏 外務省 欧州局 中央アジア・コーカサス室長

IIST・中央ユーラシア調査会公開シンポジウムPDF
IISTサポーターズ用申し込みボタン